石垣島で旅行を楽しみながらリモートワークするワーケーションという働き方

冬場は10泊以上の宿にするということで、「テレワーク」「移住」「人生の休暇」をテーマにした、とある3人の女子の物語を書いてみました。( ´艸`)
今回はまず第1章。


「働く(ワーク)」と「休暇(バケーション)」を併せて”ワーケーション”という造語が最近使われ始めました。
旅行先で平日は仕事しながら休暇を楽しむという新しい働き方です。
コロナや働き方改革でいろんなことに挑戦できる今だからこそ、一度石垣島に来てみてはいかがですか。


第1章 A子の場合



大好きな石垣島。飛行機に乗って帰る時にいつも夢見ていた。
「このまま石垣島に住めたらどんなに素敵な毎日だろう」

そしていつもの日常が始まる。
今の仕事や生活に満足していないわけじゃない。
仕事も気に入ってるし、長い付き合いの友達もいるし、なじみのお店もお気に入りの場所もある。
都会の生活に息苦しさを感じるけど、嫌いじゃない。


今年からリモートワークが始まって、この生活にも慣れてきた。
部屋も快適になったしそんなに困ることもなかった。

macbook pro on white table


ただ、私今まで何に対してこんなに気張ってたんだろう。
がんばって鎧のような服着て、化粧して、朝から満員電車と戦う。ほんと無意味・・・そう考えると、仕事以外の私の人生ってなんだろう。

woman working at home using her laptop

そんな時にふと思い出したのが、大好きな石垣島での風景

もちろん今の生活を捨てることは出来ないし、移住なんて考えられない

ただ、リモートワークを利用して、1年のうち3ヶ月だけ石垣島に暮らすように過ごせたら

午前中、風の気持ちいい日は庭のフクギの木陰で仕事をし、お昼ご飯は気分転換にお散歩がてら商店へ。
赤瓦の家や石垣の壁そしてハイビスカスを見て沖縄に来たなぁと感じながら集落を歩く。


夜は星空や月を見に歩いて1分の白保海岸にお散歩。


土日はダイビングや離島めぐり
長時間のPC作業や一人仕事で減りすった心を、沖縄の豊かな自然で癒してもらう。
メリハリのある生活が、仕事への活力や集中力もアップし、充実した毎日を送れる。


今の仕事を変えずに、非日常を楽しむ。


旅行では味わえなかった沖縄の異文化を肌で感じながら、暮らすように過ごすプチ移住体験。

まずは1ヶ月から始めてみようかな。私の新しい生き方。


10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA