あの世に送金します

沖縄は先祖崇拝の精神がとても根強く、仏壇行事をきちんとやるお家が多いです。

嫁に来たこの家ももちろんそうで、毎日の茶道はもちろんのこと、旧暦の1日と15日にはお花を変えて手を合わせます。大変ですよねー

先週はお彼岸でしたね。
今までお彼岸といえば、ぼた餅を食べるくらいしか思い浮かばなかったけど。。。お彼岸はあの世との通じる日。だから今日は、じぃちゃんばぁちゃんにご飯を供えてあの世でお金に困らないように、沖縄ではあの世のお金を送ります。

これがあの世のお金、ウチカビです。丸いコインみたいな印が押してあるね。

これが5枚くらいの束になってるから、1枚1枚広げて折りたたみます。

たくさんお金を送りましょうねー。

送り方は……この中で燃やします。1枚1枚燃やして、最後にお酒とお米も入れます。

これを仏壇の前でやるんだけど、初めて見たときは家の中でメラメラ炎が上がるのを見て「こわーー!家の中でやって大丈夫??」って思いました!!

ウチカビ燃やして火事とかなったことないのかな?

無事にお彼岸の送金も終わりました。ご馳走とアーサー汁も供えて。ご先祖様も喜んでるねー

 

10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA