きびがり。沖縄の冬の風景

冬の沖縄の風物詩といえばサトウキビの収穫風景

石垣島は機械で収穫と、手刈り両方が見られます。
機械作業だとめちゃくちゃ早い!!

こんなもぐらみたいな機械。ハーベスタです。
ハーベスタで刈り取ると、この長さにカットされてネットの集まります。

あっというまにこの量!

それを待機していたトラックがクレーンで荷台へ。
このトラックは島に1つある製糖工場へ持ち込まれます。
製糖工場はこの時期フル活動!!

手刈りだと1~2週間かかる仕事を機械だと半日。
ほんと機械化ってすごいんだなぁ。

石垣島でも手刈りしている風景も見られますが、
波照間島は手刈りのみなので、キビ刈りの援農隊が毎年集まります。
冬に波照間に行くなら、それも風物詩!

今年は1月から晴れの日が続いてるから、サトウキビ収穫着々と進んでいて早いですね~
島によって(年によっても)黒糖の味が少し違いますよ。
食べ比べセットも販売されているので、是非食べてみてください~^^

6泊以上の少し長い宿泊者専用宿

「村の暮らしにふれる少し長いSTAY」6泊以上の中・長期宿!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

今を生きる

次の記事

田植えの応援