川平豊年祭2015

豊年祭シーズンが始まりましたね。

豊年祭は今年の豊作に感謝し来夏世の五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する神事のことで、各集落ごとに行われます。

それぞれの集落で内容も異なり、村の伝統が色濃く残っている行事の一つです。

今年初めて川平の豊年祭へ行ってきました。

ここ「赤イロ目宮鳥御嶽」は神聖な場所で普段は入ってはいけない御嶽(うたき)です。

初めて御嶽の中に入れていただきました。

午後2時から始まった 神司による神事は大変厳かに始まりましたが、おじゃまかなと・・・外から見学。

川平の豊年祭の特徴は、「ビッチュル石」を担いで周る儀式。

「ビッチュル石」は重さ約60キロもあるんですって。

午後4時半 若い衆はこの俵型の石を「イヤーーーー」っと迫力ある掛け声とともに肩に担ぎ、一歩踏み出すごとに「ユイ」と声を出しながら境内を左回りに3周します。

そして最後に旗頭。

この旗頭も各集落で先の細工がことなります。
(写真うまく取れなかった・・・><)

男達の見せ所っといった感じで、かっこいいですよね~

川平の皆様、ありがとうございました。

10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

SUPをするならココ!