日本一早い新米今年もできました

今年も日本一早い新米が出来ました!
旦那さんが作っている”ひとめぼれ”
「沖縄でお米が作れるの?」って驚く人が多いですが、石垣島は大きな山があり、川がながれているので、昔から稲作が盛んです。

食べた人は、内地のお米に劣らず「え、こんなにおいしいの?」とこれまた驚かれます。
そして、このお米1年に1回じゃないんです!2回作れるんです!!
社会科で習いましたね、二毛作!
「二毛作!」はい、また驚かれます。( ´艸`)

田んぼの奥にはサトウキビ畑、その隣にはパイン畑。
沖縄らしい風景ですね。

内地の稲に比べて少し長さが短いと私は思いますが、それ以外は変わらないかぁな~

ちなみに田植えは2月5日。約100日で収穫。
水を引いたり、ぬいたり、肥料をまいたり、周囲の雑草焼いたり、ジャンボタニシと格闘して、
2日に1度は見回りに行って育ててきたお米。

“旦那さんが‼”

私は何も手伝っていません。ありがとう旦那さん。

収穫くらいは手伝おう!っと、
パキラを卒業して近くに住んでいるさっちゃんと一緒に、コンバインで刈ってきた米を袋に入れるお手伝い。

刈取りしてる間は、写真撮影大会( ´艸`)

バリカンの様に刈っていく様子。気持ちがいいね。
コーナーは切り返ししながらね。

パキラでは宿泊日数分のお米をお渡ししています。
丹精こめて作ったお米(旦那さんが!)どうぞ、召し上がれ~

6泊以上の少し長い宿泊者専用宿

「村の暮らしにふれる少し長いSTAY」6泊以上の中・長期宿!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA