旧盆のアンガマーと獅子舞

沖縄の行事はすべて旧暦で行います。
お盆もそのひとつ。
今年は8/26-28の3日間でした。
白保は伝統的な獅子舞が踊り、村の家々を周ります。

アンガマーの動画・・・も撮ってみました~

 獅子おこし。
緊張感が走るなか、厳粛な雰囲気のなか行われる行事。

三線と笛・太鼓のじかたのみなさん。

白保の獅子舞は本当にすばらしい!

オスと雌。
2匹そろったら、まずはご先祖様の仏壇にご挨拶。

集落によって、獅子の顔は違うけど白保の獅子はかわぃぃ~~~!

こちらは「アンガマー」

仮面を被り、祖先をあらわすあの世からの代表者、おきなとおいなの2人が、子や孫にあたるファーマーを引き連れて、訪問します。

家庭内の仏壇前の座敷にて、賑やかに念仏踊りといわれる「ニンブジャー」や、あの世と現世の違いについてを見物客からの問いに対して、2人が面白おかしく裏声で回答したりします。

10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ハードボイルドな男