白保の海は自然の美術館

”白保の海ってどんなんですか?”

よく聞かれるので、今日は白保の海をご紹介。
白保の海には、北半球最大の大きさをもつ「アオサンゴ大群落」があります。
”えぇ~知らなかった~”
石垣に住んでいても知らない方も多いと思います。
ガイドブックなどにもそれほど載ってないしね~
でもそれは、この貴重なサンゴを守るために、商売的な売込みをしていないからなのです。
”なるほど~”
白保のサンゴを見るためには、シュノーケルショップに予約して船で行きます。
(ショップはいくつかありますので、QAおススメショップを参考)
貴重な白保のサンゴを守るためにも、船でのシュノーケルにご理解くださいね。

さて、しゅっぱーーつ‼

船で5分くらいのポイントからスタートです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいなサンゴたちですね~
透明度も高くて、大きなハマサンゴもたくさん!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番ですね~「ニモ」の兄弟、「クマノミ」
他にもクマノミ5兄弟「ハマクマノミ」「セジロクマノミ」もいましたよ~

 

ポイントを変えて、こちら「ロクセンスズメダイ」がわんさか!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・近すぎない?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・だから 近すぎない?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガシガシ寄ってきます。
そして1匹触れました。いいのか?自然界で生きていく魚が、人間に簡単に触られていいのか?
もっと警戒心を持ってほしいところです。

 

こちら「ノウサンゴ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私このサンゴ大好きなの~
脳みそというより幾何学的な、見ていて飽きない。
自然のアート。
ここは美術館のようだわ。

 

そしてお待たせしました。
北半球最大の群落を誇る 「アオサンゴ」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

”え?青くない!”
そうね、表面は灰色だけど・・・中の骨格が、真っ青なんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サッカーコート6面分、アオサンゴが続いてます。
水面から、こんなに近い!
サンゴの上が間っ平らになっているのは、サンゴは水の中でしか生きられないので
ここまで水が引くという証ですね。
これもまた自然のアート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

是非、白保の海を堪能しませんか~^^

そして いつまでもいつまでも
この素敵なサンゴが白保で見れますように・・・

10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA