石垣島の陶器

沖縄は昔から陶芸が盛んで、石垣島にもこの小さな島に17もの窯元があるそうです。

パキラに来るお客さんで、たまに陶芸品が好きな人がいて、「窯を巡るんです」って方がいて、今まではあまり興味がなく、へぇーって話を聞いていた私ですが…

この前、何気なく連れて行ってもらった名蔵の「福耳」工房さんをみて、感激しました!!

窯元っていうから、仙人みたいなおじさんが作ってるのかと思っていたら、素敵な女性!
そして作り手のことを作家さんっていうのね。この作家さんが一点一点に込める想いに「物をつくる」ということへ純粋さを感じました。

当たり前だけど、ひとつひとり表情が違って、あったかみがあって。
生活に彩りを与えてくれるもの。

私もマクラメ作品を作っている端くれですが、あぁ、やっぱり物づくりっていいなぁ、って心を動かされました。

今日のこの想いの記念にお皿を購入しました。
作家さんが「大切に使ってくださいね、お嫁に出す気持ちよ」って話してくれて、「絶対に幸せにしますっっ!!」そんな気分でした。

調子にのって、他の窯元にも遊びに行ってみました。
こちらは崎枝にある「島いろ窯」さん。

こちらの窯元は作風が2つ全く違う!
こちらはポップな可愛い沖縄モチーフ

小皿とか集めたい~~!

そしてもうひとつが、この青。
石垣島の海の青かな。たまり部分がガラス質でまたきれい。さといもの煮物とか入れたい。

米原ビーチより少し手前、やまばれにある「やまばれ陶房」

お店の写真を忘れてしまったんですが、お連れさんが購入したので、その写真を

青は青でもマットな水色。

質感とマットな水色がすごく素敵。
陶器は生活に取り込んでやっと完成。飾るだけではなく、使ってからこそ作品が生きると思うなぁ。
陶芸…高いから全部とはいわないけど、すこしずつ好きなものを集めたいな。

ウワサでは12/5.6日に真栄里公園で「第11回石垣島やきもの祭り」が開催されるようですよ。

10泊以上の少し長い宿泊者専用宿

2020年11月~2021年4月まで「冬季限定!村の暮らしにふれる少し長いSTAY」10泊からOK!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。GOTOキャンペーンで10泊11,700円~。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA