3.11 あれから11年

あれから11年ですね。

あの日は、東京の飲食店で働いていて、大きく揺れたのを覚えています。

ふと2011年の8月に東北のボランティアに行った事を思い出しました。

もともと転勤族だったので私は仙台で産まれました。3歳までしかいなかったので、記憶はないんですが、縁のある東北に恩返しをしたいと思ったんですね。

当時の日記を読み返してみました。


(2011年8月.mixi日記より)

あの地震から5ヶ月がたつけど、どこまで復興したんだろう?
実はボランティアに行こうと思ったきっかけは
7月11日。
この日私は銀座で友達と楽しく飲んだくれていました^^
たった4ヶ月しかたってないのに。
東京ではいつもと同じような日々が始まっていて
TVでは被災地の状況を放送しなくなり
政治の話ばかり。
地震直後は、東京はパニックになり、計画停電があり
1週間TVは朝から晩までニュースで
CMもACだけで
頭がおかしくなりそうになって
何かしたいけど、何もできなくて地団駄をふんでた。

なのに 
だんだんと地震の放送がなくなって 
いつもと変わらない日々が戻ると 
「喉元すぎれば暑さを忘れる」ように  
私達の世界には関係ないものとなりつつある。 
結局は自分たちになにか影響があれば考えるけど 
生活に影響がなければ他人事。 
そんな寂しさを感じた7月11日。 
飲んだくれてた自分にね。 

TVでやらないなら、自分で見てみよう。
世界最大の地震、津波。見ておかねば。
3月のあの気持ちに戻って、いってみようかと
そんなふうに思ったのさ。


そんなこと思ってたんだ。しっかりしてるな20代の私。

今のウクライナの戦争も同じだよな。「自分たちに何か影響があれば考える」

戦争からは何も生まれない。

今の私に何か出来ることあるかな…探してみよう。

東北の復興と

一刻も早く、世界が平和になることをお祈りします。

6泊以上の少し長い宿泊者専用宿

「村の暮らしにふれる少し長いSTAY」6泊以上の中・長期宿!リモートワーク・移住の入口・人生の休暇など、長く居るから見えてくる沖縄を体験しませんか。詳細は下記へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA